【2019年版】バンクーバーでTOEICを受験するには?その流れを3ステップで1から解説!

Posted on 2019.06.28

1.申し込み

TOEICを受験したい!

そう思ったらまずはTOEICを主催しているETSのホームページへ行きましょう。
https://www.ets.org/toeic/test-takers/listening-reading/registration/canada/

お申し込みは受験日の10日前までに済ませておく必要があります。
試験会場には許容人数があるため、できれば3週間前にはお申し込みを済ませておくと、満席で受験できないという心配はありません。

申し込み方法

申し込みをする方法は、
1.オンライン
2.Eメール
の2種類ありますが、オンラインでやるほうが簡単なのでここでは1の方法について解説します。

オンライン申し込みでは、まず日付と場所を選択します。

2019年の試験日程については以下の通りです。月に1回のペースで開催されています。

January 12
February 9
March 9
April 13
May 11
June 8
July 13
August 10
September 7
October 5
November 2
December 7

1月~7月は第2土曜日、8月~12月は第1土曜日に開催されています。

自分の受けたい日程を見つけたら受験場所を選択します。

受験場所はバンクーバーにお住まいの方は、Sprott-Shaw Language College - SSLCという場所になります。

ダウンタウンのHowe Streetにある語学学校です。ウォーターフロント駅から徒歩5分の会場です。

日付と場所を選択したら登録フォームに従って個人情報を入力していきます。

基本的には書かれている内容にそって入力していけばいいのですが、1つ注意しなければならないのは「写真」です。

日本でTOEICを受験する際には、当日に証明写真を持っていく必要があります。
一方バンクーバーで受験する際には、この登録フォームにスマホで撮った写真を添付するだけでオッケーです。

写真の規格が定められていますので、もし自分のスマホで撮った写真の容量が大きい場合は、スマホの写真加工アプリを使ってサイズを縮小して添付しましょう。

受験料

カナダでTOEICを受験する場合の受験料は95.00 USドルです。

日本円に換算すると約10000円。日本でのTOEIC受験料は5725円なので割高になっています。

申し込みが完了したら

無事オンライン申し込みが完了すると、登録したメールアドレスに上記の画像のような受験票が送られてきます。

これをプリントアウトして当日会場に持っていきます。

このメールを受け取ったら申し込み完了です!

あとは試験当日に向けて英語学習をしていきましょう。

2.試験当日

試験当日の大まかなスケジュールは以下の通り。

日程

9:00 受付開始

10:00 試験スタート

12:00 試験終了

持ち物

①受験票(メールをプリントアウトしたもの)

②パスポート

③鉛筆/消しゴム

試験当日に注意するポイントは大きく3つあります。

1,会場に入ると勉強はできない

9時から試験会場(上記写真)に入ることが出来ますが、教室にはパスポートと筆記用具しか持ち込むことができません。

もちろん余裕を持って早めに到着することは大事ですが、早く着きすぎで何もすることがない状況にならないように注意しましょう。

2,問題用紙に書き込みは出来ない

TOEICの試験では問題用紙にメモを取ることは禁止されています。

もし、メモを取っていることが試験官に見つかった場合、1度目は警告するメモが渡され、そのあとにも同様の行為を繰り返した場合は試験を受けることが出来なくなります。

普段問題に書き込みながら解答している人は、試験本番までにメモなしでも解答できるように練習しておきましょう。

3,試験前にトイレを済ませておく

TOEICの試験中に途中退出することは基本的にはできません。

Readingの時間は、体調不良などやむを得ない場合は試験官の許可をもらうことで退出することが出来ますが、退出した時間は延長されません。

ただでさえ解く時間が足りないといわれているTOEICテスト。

自分の力を100%発揮できるように必ず試験前にはトイレを済ませておきましょう。

以上がTOEIC試験当日の気を付けるべき3つのポイントです。

3.結果発表

試験結果はいつ帰ってくる?

日本のTOEICの試験結果は2週間後にWEBサイトで確認できるようになっています。

しかし、残念ながらカナダではWebで結果を知ることは出来ません。

郵送されてくるのを待つことになります。

では、どれくらいで郵送されるのでしょうか?

個人差はありますが、3~4週間後に届く人がほとんどのようです。

もし1か月が経過しても届かない場合は、ETSのWEBサイトから問い合わせをしてみましょう。

何が届くの?

郵送されるのは次の2点です。

証明書(点数が表記された表彰状のようなもの)
公式スコアレポート(上記画像)

公式スコアレポートには、Listening, Reading各セクションの細かい正答率も記載されています。

まとめ

バンクーバーでTOEICを受験する方法について解説しました。

TOEIC受験について何か分からないことや困ったことがあったらお気軽にお問合せページからご質問ください。

あなたのTOEIC受験が成功することを願っています。

最後までお読みいただきありがとうございました。

Ableで受験

上記で説明した方法以外にもAbleでTOEICを受験するという選択肢もあります。

受験対象となるのはAble生徒のみですが、

①TOEICの申し込み手続きが不要

②慣れ親しんだ教室で受験することができる

③結果が1週間以内に分かる

というメリットがあります。

もちろん、学校で学んだことをそのままTOEIC本番に生かすことができるので高得点も狙いやすくなります。

興味のある人はまずはAbleの無料体験レッスンに来てみてください!

あなたの英語のお悩みに答えます!

English Tipsのページでは、日頃あなたがギモンに思っている内容にお答えします、気軽に質問してみてください!

さっそく質問してみる

生徒の声

もっと見る

Able Times

もっと見る

English Tips

もっと見る

Facebook Feed