About us

Able English Studiesについて

ごあいさつ

私が初めて言語と仕事を通して向き合ったのはSimon Fraser大学というカナダ バンクーバーにある大学で日本語を教え始めたときでした。日本語を教えていく中で今まで自分が習ってきた英語は日本語の考え方に大きく影響されていて、ネイティブの人には伝わりにくい表現になっていたことに気が付きました。日本語と英語の違いを知ることでより深い英語の理解につながり、自然な英語が身につくようになります。Able English StudiesではTOEICの教材を題材に自然な英語を身に付けるのを最終目標として、スコアアップも達成しながらみなさんの英語の勉強のサポートをしています。

なぜTOEIC?

TOEICは、TOEFLなどと違い英文法や単語の使い方を日常的な状況や仕事の場面を題材に出題するテストです。ビジネスでしか使わない資格試験、と考えられている世間一般のイメージとはやや隔たりがあります。TOEICのスコアは日本で重宝されているのはもちろんのこと、難易度においても英語学習者にとって一番理想的な教材なのです。

英語を本当の意味で使いこなすために

Able English Studiesでは、TOEICのスコアアップはもちろんのこと、英語で新聞が読めるようになったり、正確に自分の伝えたい内容を正確な文法を使って書けるようになるなど、実際の仕事で英語が使いこなせるようになるというのを最終目標にしています。

最後に

日本語と英語は根本的に全く違う言語なので、日本語と英語の違いを理解すると英語の勉強はより一層面白くなります。日本語と比べると英語は実は案外簡単な言語です。正しい英文法を効率的な順序で勉強すれば、英語の文章がパズルのように見えてきます。パズルは始めてすぐが一番難しいですが、一度形が見えてしまうとサクサクと解けていきます。英語も文法と文章の構造を勉強するのが一番つらいかもしれませんが、この二つは「読む、聞く、書く、話す」と密接なつながりがあり、切っても切り離せない大事なルールです。読めないから面白くない。なら、読めるようになって「英語の勉強は楽しい!」と肌で感じてください。私にとって、それが卒業生たちの口から出てくる最高の誉め言葉です。

Able English Studies校長吉田 明臣

生徒の声

もっと見る

Able Times

もっと見る

English Tips

もっと見る

Facebook Feed